2012年 07月 10日 ( 1 )

山ならでは

『murren(ミューレン)』vol.11が入荷しました。

murren のテーマは“街と山のあいだ”。
身近にある自然や山に関することを、毎回特集している小冊子です。

b0203161_17143453.jpg



b0203161_17142573.jpg



b0203161_17142787.jpg


むかし、
山と渓谷社から『wandel(ワンデル)』という散歩がテーマの季刊誌が出てたんですが、
ふらりふらりと町やら野山やらを歩いて、そこでの小さな出会いとか喜びが
ページをめくる度に伝わってきて、
共感できることばかりで、すごく好きな雑誌だったのですが、
いつのまにか廃刊へ。

そんな『wandel』の編集長をされていた方が、独立し、
そのときの想いをそのまま引き継ぎ、作ったのがこの小冊子です。


企業では、商業誌では、できないのですよ。この感じ。


murren vol.11の特集は「行動食」。
“あのひと”は、どんな食べ物と共に山に登るのか?
行動食(=手軽な携帯食)にまつわるアレコレが綴られています。

1ページ目をめくると書かれてある一文が印象的です。


「山で食べるおやつはどうしてこんなにおいしいのだろう」


なんだか山に登りたくなってきました。
とっておきのおやつと共に。
[PR]
by hanautalab | 2012-07-10 18:02 | 取扱商品のはなし
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab