2012年 07月 08日 ( 1 )

こけし愛

本日で『こけしづくし展』も終了です。
みなさま、ありがとうございました!

店内から「コケーシカ!」「こけしTシャツ!!」「こけし風呂敷!!!」というお客様の驚きの声が続けざまに聞こえてくるのが、とても面白かったです。
しかし、どの声にも最後に(笑)がついておりましたが…。

楽しんでいただけていたようで、こちらも楽しかったです。

16日間という長めの開催期間。
期間中、みなさんこけしのことを尋ねてくるものだから、
日を追うごとに、こけしに関して饒舌になっていっておりました。
「こけしの由来は…」とか「こけしの種類が…」とか。
しかし「世の中にはこけしマニアがけっこういるみたいですよ〜」と、
あくまでも客観的姿勢は保ちつつ!
b0203161_17571230.jpg

そして、その“こけしマニア”の代表格としてみなさんにご紹介していたのが、こちらの『こけし時代』という本です。

コケーシカ鎌倉』の沼田元氣さんが責任編集。

こけし好きの方のみならず、雑誌好きの方にもおすすめしているのですが、大概みなさん絶賛されます。なんせ、どのページをめくっても“こけし愛”がたっぷり詰まっている濃ゆい一冊なのです。

b0203161_1757869.jpg

b0203161_1757540.jpg

b0203161_18363038.jpg


こんな感じで、100ページ強、こけしばかりが続きます。
しかも毎号、こけし手ぬぐいやこけしペンなど豪華な付録付き。
※現在は4号(「被災地こけしひとり旅」という写真集付き)のみ在庫があります。引き続き、取り扱う予定ですので、近々他の号も再入荷する予定です。

わたしのこけしトークのほとんどは、この『こけし時代』から学んだものです。
ありがとう、こけし時代!


b0203161_17571520.jpg
つづいて、
みなさん驚愕される一冊がこちらでした。
『こけし系図』

こけしって文化なので、師匠や親から受け継いだものが、形の特徴だったり、絵付けの特徴だったりに残っていっているのです。その文化的な系図を徹底研究している人がおりまして、その成果を収録したもの。
b0203161_1757241.jpg
「これは貴重な気がする!」
と、それほどこけし熱が高そうでもない男子も買っていかれましたが、
そうです、とても貴重な気がするのです。


いや〜、こけしって奥深い!!


人の手でつくられているからどの顔にも微妙な個性があって、
なんともいえない愛らしさがあり、
それに加えて歴史や伝統文化が深いから
マニアごころをくすぐるのでしょうね。


世の中にはほんと愛すべきこけしマニアがたくさんいるようです(笑)。
[PR]
by hanautalab | 2012-07-08 18:51 | 取扱商品のはなし