鉄のような錆のような

b0203161_17112350.jpg


鉄とか錆(さび)とかに惹かれます。

なぜでしょう。

そこに時間を感じるからでしょうか。


b0203161_1762110.jpg

そして惹かれたのが、このプレート。

「窯を通して生まれる様々なつながり」をコンセプトに活動をされている
鹿児島のONE KILNさんのもの。

新規取扱いアイテムです。

一見、鉄のプレートのように見えました。
鉄が、時が経ち、ところどころに錆ていっているかのように。
ところが、こちらは鉄製ではなく、磁器製のプレートとのこと。

鹿児島・桜島の火山灰を使用した釉薬で焼成したところ
このような、まるで鉄のような風合いをもった色に仕上がったのだそうです。

レンジ・オーブン対応の、しっかり使えるプレートです。
灰釉プレート SS 1260yen / S 1575yen / M 1890yen / L 2100yen


b0203161_1762311.jpg

ONE KILNさんのつくる磁器は
オリジナルで石膏型をつくり、土を形取り、成形されています(=鋳込み)。

上の写真は、ボウルセット。
灰釉のものとはまた変わり、
かっこよさの中にも優しさを感じられるアイテムです。

ボウルとプレートがセットになっていて、
それぞれ別々に使用したり、プレートをフタにして保存容器として使用したり、
プレートをソーサーとして使用したり・・・
いろんな使い方で楽しめます。
※こちらもレンジ・オーブン対応。

ボウルセット(ボウル&プレート) S 3150yen / M 3780 yen




器、いいですね。

実は大学時代、陶芸のサークルに入っていて陶芸少しはできるのですが
あまり使えなさそうな皿や、あまり使えなさそうな花器や、
使えないオブジェのようなものばかり作っていたような気がします。

そんなわたしも、使えそうな器たちを仕入れてみました。

ぜひぜひ食卓へ♪
[PR]
by hanautalab | 2013-01-12 18:23 | 取扱商品のはなし
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30