出来ました。

フリーペーパー『スエヒロ商店街』。

b0203161_20501214.jpg


末広四丁目に集まるqugruさん、東雲さん、Letenkaさん(現在、2012年2月11日移転オープンに向けて一時休業中)、そして3月にオープン予定の私の店、uta no taneを紹介しています。

初めて2色刷り(今回は水色と黒色の2色のみで印刷)の制作をしてみましたが、なんだかとてもセンスがなく、2色でどうやったらいい感じになるか想像できなくって、きっともっとかわいいorかっこいいものにできそうなのに、とにかく難しかったです。
(目指せレトロ印刷マスター! で、これからがんばります。)


裏面は末広四丁目あたりの地図。
b0203161_20545940.jpg

ちゃんと本物の地図から大きな道、必要な道だけトレーシングペーパーで写しとっていったので、距離感とかは正確なハズ!


b0203161_2052175.jpg
このやり方は暮らしの手帖別冊『徒歩旅行』を参考にしました。

この本の地図がすごく素敵で、ちょうど地図の作り方「裏話」も書いてくれていたのです。できるだけ真似して作りたかったのですが、そこまで完成度は上げられず。。ゆるーい感じの地図になりました。





正直、コレが作りたくて末広に店をオープンするようなもんです(笑)

好きなお店ばかりだし。集まっていることで、出来ることが増える気がしたんです。
こんなフリペ発行もそう。何か一緒にイベントもできるかもしれません。
そんなこんなを想像して、わくわくして、お店をはじめる楽しみが何倍にもなって、
末広以外は考えなくなっていました。。

この町が、おもしろくなっていったらいいなーと思います。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■ スエヒロ商店街 [free paper]

徳島県内外の雑貨店&カフェなどで配布予定。

今日からちょっとずつ置かせていただいております。これからお出かけがてらにぼちぼちと、置かせていただく店舗を増やしていこうと思いますので、どこかで見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね。
県外でも置かせていただけるお店がありましたら、ぜひ。。
[PR]
by hanautalab | 2011-12-28 21:03 | 営業日とか連絡事項とか

出発。

b0203161_19261685.jpg



本日、一粒万倍日。

以下、Wikipedia先生より拝借。

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、
特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。
但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは
苦労の種が万倍になるので凶とされる。


ということで、
宝くじを買いました。

やはり良い日、さらに最終日とあって行列が。
寒い中、恥ずかしげもなく並んで購入しました。
当たりますよーに。




あと、「本契約」もして参りました。
(↑実は、こっちが本題)


本と雑貨『uta no tane』
3月オープンに向けて、来月から本格的に準備開始です。

場所は末広。
Letenka』さんが今週25日でいったん閉店し、すぐ近くの『東雲』さんの店舗2Fに
移転されることになり、その跡に入らせていただくことになりました。


ずっと大好きで通っていた場所に、お店を築くことになることは
なんかちょっと複雑で不思議な感じです。

が、そんな大好きな『Letenka』さんもすぐ近くにまたオープンされますし、
『東雲』さん、『qugru』さんもいる「末広四丁目」に
オープンできることが、わくわく楽しみでもあります。



では。
また随時いろいろと発表していこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by hanautalab | 2011-12-22 19:57 | 日々の出来事、思うこと

ゆっくりじっくり

b0203161_19192172.jpg


コーヒーは淹れ方によって味がだいぶ違います。
同じ豆を使っていても。同じ道具を使っていても。
味を決めるのは、その人それぞれの淹れ方なのだと知りました。

先日のコーヒーの淹れ方教室にて。

わたしのコーヒーはちょっと薄い。
ゆっくり淹れるほど、コクと苦みが増すらしいので
速く淹れすぎているのだと思う。
好きなコーヒーの味にするには、
もっともっとゆっくりじっくり淹れなくてはいけません。



もっともっと

ゆっくりじっくり



ああ。
なんだか最近うかうかしているようです。
ひとつひとつの物事も適当にせずに
ゆっくりじっくりしていかないと。



反省。
[PR]
by hanautalab | 2011-12-17 19:42 | 日々の出来事、思うこと

民藝な日々

b0203161_19362191.jpg


芹沢銈介の型染カレンダーです。

この前も関美穂子さんという作家さんの型染め体験をしてきたばかりですが、
こちらは大御所も大御所、人間国宝の染色工芸家です。
(わたしもよく知らないので、詳しくはwikipedia先生まで→芹沢けい介

懐かしさの感じる色合いや模様、けれど今でも素敵な作品です。


そんな芹沢銈介デザインの風呂敷やハンカチなどが集められ、
東雲 SINONOME』さんで展示販売されています。
上のカレンダーも東雲さんで購入しました。


「民芸品」と言ってしまえば、なんだか古いお土産物のイメージかもしれませんが、
実はよく探せばほんとかっこいい物も残っているんですよね。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
b0203161_2093456.jpg
「芹沢模様」 芹沢銈介デザインの魅力。

2011.12.07 wed - 2012.01.07 sat
@ 東雲 SINONOME  http://note.sinono.me/







//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ちなみに、民芸つながり、芹沢つながりで・・・こちらの本が大好きです!

b0203161_20101140.jpg
『少年民芸館』

子どものための「民芸」の本。世界中の民芸品がわかりやすく読みやすく紹介されています。どこかの偉い人が作ったものではなく、普通の町に暮らす普通の人たちが作った美しい道具たち。そんな道具たちを「良い友だち」と表しているのも素敵です。装丁は、芹沢さんの弟子、柚木沙弥郎さん。この方の作品もほんと素敵で大好きです!
[PR]
by hanautalab | 2011-12-11 20:33 | 日々の出来事、思うこと

先日、アアルトコーヒーさんで開催された
関美穂子さんの『型染めさわり体験』に行ってきました。

色も形もとってもかわいらしい型染め作品をつくる関美穂子さん。
http://sekimihoko.exblog.jp/

京都で毎月ワークショップを開いていると知って、
「京都まで行こうかな。。。」なんて考えていたら
なんと徳島でさわり体験ができるということで、迷わず申し込み!
わくわくしながら待ち望んだ関さんのワークショップなのでした。

b0203161_10303085.jpg

染料の色がきれいです。

b0203161_10303332.jpg

(上の紙)見本  (下の紙)これから色を塗っていきます

関さんの見本を見ながら、色を塗っていきます。
薄く茶色になっているところは糊がついていて、
あとで、洗い流せば糊の部分は真っ白に仕上がるそうです。

b0203161_10302534.jpg

こんな感じに塗込みます。
あとは、乾燥させて、糊を洗い流して、また乾燥させたら、出来上がり。

まだ乾燥中なので、ちゃんと仕上がりを見られるのはまだもう少し先なのです。

(忘れないようにしなければ!)


b0203161_10302428.jpg

最後に、もう一枚。

この一枚は、みんなそれぞれ自由に色を塗ることができました。
カラフルだったり、シンプルな色構成にしたり、考え込んだり、潔かったり、、、
みんなそれぞれの塗り方があって、そんな過程もおもしろかったです。

さて、みんなどんな仕上がりになったのでしょう??



まだまだわくわくは続きます。





//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
明日まで関美穂子さんのカレンダー原画展を開催中!

■ 関美穂子 2012年カレンダー 原画展
2011.12.09 fri - 12.11 sun
@ アアルトコーヒー  http://aaltocoffee.com/



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ちなみに関美穂子さんのワークショップが体験できるのはコチラ↓

■ 三角波 | ワークショップ http://sankakuha.com/workshop
[PR]
by hanautalab | 2011-12-10 10:51 | 日々の出来事、思うこと

先週末、YRG cafeで開いたフリーマーケット「天空のちいさなみつけもの市」は大盛況で
あの2Fの狭い空間にお客さんが絶えず…本当にみなさま、ありがとうございました!

当日はお食事席もフリマ会場も大賑わいでバタバタだったのですが、
こっそり(うっかり?)、そんなバタバタの合間を縫って末広四丁目まで。


明日オープンする『東雲 sinonome』さんのお披露目会に行ってきたのです。


徳島駅前から何十年ぶりくらいに市営バスに乗って、ゆらりゆらりと出かけてみようと
新しくできた東部循環バスというのに乗って、「末広四丁目」で下りれば...
すぐに着いたのですが、バスを乗り間違えてしまって
ちょっとだけお散歩してなんとか店まで到着。
(こんな出来事もまた、ぶらり途中下車感覚で楽しかったのです♪)


で、『東雲 sinonome』さんです。
b0203161_13573086.jpg
コンクリートむき出しの壁がかっこよい店内。
「良いもの」でありながら、生活に馴染むデザインの道具。
『東雲』さん自身が、直接窯元に出向き、見て、感じて、仕入れてきた器。

うーん、うまく良い言葉が見つかりませんが、
「オシャレな暮らし」とか「ちょっと贅沢なライフスタイル」とかいう言葉ではなくて、
「生活」なんだろうな、って思います。

たとえば、この薪のような。

b0203161_13572517.jpg

『東雲』さんが夏に訪れていた上勝町から届いた、たくさんの薪が
店内の一角に積み上げられています。

木を切って、割って、火にくべて、暖をとる。
その所作はかっこいいように見えても、大変な労働。生きるための仕事です。
うまく言えませんが、、、

この薪が、『東雲』さんの何かを象徴しているように感じます。



生活に身近に寄り添い、昔からの知恵や経験が根底に流れ、血が通い、「普通」である。
そこに「良いもの」を見いだしてくれているのが、『東雲』さんなのでは、と。



さて、そんな素敵なショップ『東雲』さんは、明日12月7日オープンです!
ちなみに、わたしも前から気になっていた[6SHIKI]のバッグや[HIROCOLEDGE]の手ぬぐいの取り扱いもあって、うれしいです♪


■ 東雲 sinonome
http://note.sinono.me/





これからの末広四丁目、末広商店街が楽しみです!!
[PR]
by hanautalab | 2011-12-06 15:31 | 日々の出来事、思うこと

師走ということで、今年一年を振り返るわけではないですが
思い返せば、なぜか高知県と縁のあった一年だったような気が。
同じように香川の人たちともたくさん出会うことができましたが
高知の人たちとたくさん知り合えたことが、何かちょっと濃い思い出です。

そう、濃い。

出会った高知の人みんな、よくしゃべる、よく笑う、よく呑む・・・。
おもしろくてパワーのある人ばかりでした。
b0203161_17134121.jpg

で、
そんな高知でおもしろそうなイベントがあります!

『新・蛸蔵オープニング記念演奏会』

mama! milk trio にはじまり、WATER WATER CAMEL & 森ゆに、tico moon、トウヤマタケオ+nakabanのランテルナムジカ、そして坂田明+ジム・オルーク。
これらの面々が高知のアートスポット『蛸蔵』でライブを行います!

■詳細はコチラ→ 新・蛸蔵オープニング記念演奏会 2011.12.18 sun -

贅沢です。。
b0203161_17115957.jpg


会場である『蛸蔵』の一帯は、『graffiti』や『藁工ミュージアム』などもあり、
これからますます高知のカルチャーを引っ張って行く場所になるのでしょう。

■アートゾーン藁工倉庫 http://warakoh.com/


藁工ミュージアムの展覧会も気になります↓
パリに渡ったニッポンのアール・ブリュット
2011.12.23 fri - 2012.02.19 sun
@ 藁工ミュージアム http://warakoh.com/?p=28



おもしろいことをしようとする人が多い町なんだろうなと思います。
しかも20代30代の若い人たちが。それもセンスよく。

高知演劇ネットワークとか高知県映画上映団体ネットワークとかも気になります。



おもしろい人がいるところに、おもしろい人が集まっていく。

そしておもしろい企画が生まれていく。



徳島もそういう町になっていきたいな。
そして、センスよく発信できる町に。
[PR]
by hanautalab | 2011-12-01 18:57 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31