今日も暑いですね。

ちなみに先日の夏バテ気味の体調からはなんとか復活しています。
でも、またこうもムシムシ暑いとまたバテてきそうです。
だから定期的にだらだらと過ごして体力温存。

そんなだらだらな今日は最近買った雑誌を紹介します。


b0203161_14143545.jpg

オズマガジン8月号。夏の旅特集。
http://www.ozmall.co.jp/ozmagazine/index.asp

表紙のきれいな原っぱが印象的です。
のんびりとした旅が想像できる景色に惹かれて手にとりました。

そして、特集はこの見開き2ページからはじまります。
b0203161_14144146.jpg


b0203161_14143969.jpg


黄色い花が咲く、なんにもない広い原っぱ。風が流れているかのように気持ちいい風景。
たくさんの文字を載せるわけでもなく、ただ広い原っぱの景色だけを見せる、この見開き2ページに感動しました。


オズマガジンは女性誌でもあり、情報誌というジャンルにも属する雑誌だと思います。けれど、情報を「文字」や「形」で伝えるのではなく、なにか「空気」のようなもので伝えようとしている姿勢が、この見開き2ページに現れていると思いました。

特集はこのイメージ写真からはじまり、軽井沢、葉山、松本…と、もちろん「空気」を伝える写真も挟みながら、お店やグルメの情報を載せてくれています。旅の一冊としての機能も持ちつつ、旅をしているような世界にも浸れる工夫に、素敵な雑誌だなあと改めて感じました。


実は以前にオズマガジンの編集者さんとお話ししたことがあります。そのとき仰っていたのは「ストーリー」を大事にされているということ。情報を詰め込めるだけ詰め込み、付録でもなんでもつけて「得」を唱える雑誌が多い中、「ストーリー」に重きを置く雑誌は貴重だと思います。そして、業界の波に流されない、志を持った編集者たちがたくさん揃う会社はうらやましいな、と感じたものでした。

雑誌の目的はどんなものであれ「伝える」ことにあると思います。今は厳しい業界なもので、どうも「伝える」ことよりも「売れる」ことに流されてしまいがちです。だって、売れないと「残る」ことができないのだから。ただ、そこで「残る」ために、人の心に「残る」雑誌づくりを目標に掲げたオズマガジンは素敵です。紙雑誌だからこそできる「ストーリー」のあるものづくりを、そして「伝える」ことを。

あの見開きページは、しっかりわたしの心に残りました。



編集者Oさん、体調悪そうでしたが今は元気なのでしょうか。
いつかわたしがリトルプレスでもつくれたら、それ持ってまた会いに行こうと思っています。
[PR]
by hanautalab | 2011-07-30 16:31 | 日々の出来事、思うこと


b0203161_2040126.jpg


ヒトノユメ in 徳島』に行ってきました。

大学時代を徳島で過ごした、チャットモンチーの高橋久美子さんの詩。
イラストや舞台美術などのアーティスト、白井ゆみ枝さんの絵。
二人が織りなす作品たちは、狭いキャンバスに収まることなく
古びた倉庫めいいっぱいに広がっていました。

言葉が動いて回って踊っていました。
絵が浮き上がり包んでくれているようでした。

二人がつくりあげた夢の中に入ってしまったみたいに。




徳島のような田舎では、なかなか見られないアートです。
たくさんの人にこの世界を感じてもらいたいと思いました。
表現することや、発信することや、もっと自由であることや、
とにかくいろいろ発見できるんじゃないかと思います。

「地方にアートを」
なんだかわからないけれど、『ヒトノユメ』を徳島で開催してくれたことに
感謝の気持ちでいっぱいになりました。




この田舎でも、もっと表現する人が増えてほしい。

それはわたしの中でずっと持ち続けている想いです。
そうなるように、
まだまだこれから、わたしも「何か」していけたらと改めて思うことができました。



⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

詩と絵と建築空間の展覧会
高橋久美子×白井ゆみ枝 ヒトノユメ in 徳島

2011.07.23 sat - 08.15 mon
@万代中央ふ頭 第二倉庫 アクア・チッタ

http://hitonoyume.com/



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「写真バシバシ撮って大丈夫です!」とおっしゃっていただいたので、バシバシ撮りました(笑)

まだ展覧会に行ってなくて、これから直接肌でこの作品の世界を感じる予定の方は
どうぞこのまま目をつぶってブログを閉じてもらって結構です。 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




b0203161_20431535.jpg


b0203161_20401545.jpg










b0203161_20473487.jpg















































b0203161_20403416.jpg



b0203161_2040294.jpg










b0203161_20403286.jpg



b0203161_2040318.jpg



b0203161_20402743.jpg




























b0203161_20402561.jpg













b0203161_20401882.jpg



b0203161_20511038.jpg










b0203161_20402390.jpg




楽しかったです。
何度も何度もぐるぐるしました。

ありがとう!

[PR]
by hanautalab | 2011-07-28 21:57 | 日々の出来事、思うこと


丑の日だというのにうなぎを食べなかったのが悪かったのか、

どうなのか、、

ここ数日はなんだか激しく夏バテらしい体調です。

もしくは何かの病でしょうか。

そんな心配もしながら今日久々に「つらい疲れに」栄養ドリンクを一本。

すると、今はちょっとずつ回復している気がします。

やはり夏バテか。

ちょっと元気になってきたのでブログでも書いてみることに,

と思ったんですが、寝てばかりいたのでどうもネタがありません(汗)




そこで、最近ちょっとお気に入りの音楽を一曲。

HER SPACE HOLIDAYという方の新アルバムを買いました。
※オススメするのはいいけれど、詳しくないのでわかりません。2番目のリンクを覗いていただければいろいろ書いてます。


HER SPACE HOLIDAY

※曲が流れます。 http://www.herspaceholiday.com/
※視聴できます。 http://andrecords.jp/catalog/092/index.html


最後に、
HER SPACE HOLIDAY と、これまた好きなアーティスト、4bonjour's parties(日本)がコラボしている映像です。↓



で、

まだ夏ってはじまったばかりなんですよね??

好きな音楽聴いてどうにか秋まで耐えぬきたいと思います。
[PR]
by hanautalab | 2011-07-25 20:36 | 日々の出来事、思うこと

うなぎの日。

b0203161_19345912.jpg



今日はうなぎの日。


遠く離れた友人から「うなぎ食べなね」という趣旨のメールが届きました。
残念ながら本日のご飯はうなぎではなく(山芋と梅のさっぱり丼でしたが)、
季節を感じられる友人からの便りに、とてもほっこりしました。


暑くて暑くてじめじめ。うっとうしい季節になってきましたが、
「季節を楽しむ」気持ちを持てば、少しは毎日を豊かに過ごせるのかもしれません。
思えば、「風鈴」ってとても日本的。
風に揺れる、音で涼む。
涼しい雰囲気になるって感じが、風流です。
こういう季節のひとつひとつの楽しみを感じながら生活したいな、と思います。


ちなみに、わたしは打ち水をするのが大好きです。
ご希望があればいつでも打ち水しに行きます(笑)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

b0203161_20214317.jpg  日曜日のアイデア帖 / 大平一枝 著

  一年に日曜日は53回しかありません。
  そのたった53回の日曜日だけでも、
  昔の日本らしい暮らし方をちょっぴり楽しんでみませんか?
  というような一冊。
  12ヶ月ごとに楽しみ方のヒントを与えてくれているのですが、
  著者の暮らしの一コマをスクラップしたようなコラムが並び、
  その肩肘はらない暮らしぶりは、
  「丁寧な暮らし」初心者にも安心です。

中面の色使いも好みです。
  

暮らすことを楽しみましょう。

[PR]
by hanautalab | 2011-07-21 20:47 | 日々の出来事、思うこと

きときとき

木のコモノ作家、ivory+安藤由紀さんの個展が大分県の「ta-na」さんで開かれます。
お近くの方はぜひ行ってみてください。

『きときとき』

暑い日が続きますが、木陰でちょっと涼んでいるような、そよ風が吹いて木の影が揺れるような、ほっこり優しい安藤由紀さんの木のコモノたちが暑さも忘れるくらい癒してくれることと思います。


DMかわいいですね。

b0203161_15412220.jpg

わたしが撮ったんですが(笑)。


『きときとき』という個展名に合わせて、木が並んでいる様子を撮ることに。木陰と芝生を探して、布を広げて、木のコモノたちのピクニック。


他にもこんな写真を撮りました。
b0203161_15405210.jpg

真上からバージョン。木陰の雰囲気が出ていなかったので、ボツにしました。


あとは、こんなのも。
b0203161_15405552.jpg

海が近くにあったので、思いつきで撮ったもの。
今回の個展イメージとは違うため、ボツに。


という風にいろいろと撮影しました。安藤さんと理想的な芝生と木陰を探してうろうろ。3カ所くらい公園めぐりしましたねー。それもまたピクニックみたいで楽しい撮影でした♪



今頃、安藤さんは四国から九州への船の中くらいでしょうか。今週末は在廊の予定だと思います。九州地方の方、ぜひぜひよろしくお願いします!!



あと、ivory+の新しいホームページができました。こちらの撮影と素材づくりも一部お手伝いしました。まだ説明抜けの箇所があって未完成ですが、まとめて一緒に紹介しておきます。

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

ivory+ 安藤由紀 個展 きときとき
2011.07.16sat - 23sat
@ ta-na http://ta-na.jp/


b0203161_16234572.jpg
 ivory+ ホームページ
 http://ivory-plus.jimdo.com/
[PR]
by hanautalab | 2011-07-15 16:34 | 日々の出来事、思うこと

考える。


大きな選択肢があって
迷ったり。悩んだり。

「今」の選択に迷ったら、「20年後」を考えるようにしています。


b0203161_20101910.jpg

いつも思い出す言葉です。
会社づくりや商品づくりのための言葉ですが、
自分のことにも当てはまると思っています。



「20年先まで考えると、今やるべきことが見えてきます。」
20年後はどうしていたいのか。じゃあ10年後は。5年後は。3年後は。
そのために「今」どうするのか。



そのとおりにならないことはたくさんだろうけど、
行く先を想像することで、近づけていけるんだと思います。
どんな未来にしたいのか。




やっぱり、この街がもっとおもしろい街になればいいな、と思います。





20年後、日本はどんな国になってるんでしょうね。
それを描けるのもわたしたち一人一人なんでしょうけど。


⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘
b0203161_20371373.jpg


SCHOOL OF DESIGN

文の引用はこちらの本から。『SCHOOL OF DESIGN』。その名のとおり、デザインに関する大事な視点や思考を短い言葉で伝えてくれる本。ですが、デザインに限らず自分の身に当てはめて、ハッとさせられる一言を言ってくれたりします。
[PR]
by hanautalab | 2011-07-13 20:46 | 日々の出来事、思うこと

さをり織り

七夕の願いごとが叶ったのでしょうか。

昨日起きてネットをぼーっと見ていたら、今まで気付かなかった良い感じの倉庫が目に止まり、これが今まで見た中で一番わたしの好みに合っていました。

・川沿いが好き → 大きめの用水路の脇にある
・空き地が好き → 空き地の中に建っている
・小屋が好き → ちっちゃい倉庫で形がかわいい

早速ドキドキしながら現場に見に行ってみることに。
これがまただいぶワケのわからないところにあって、住宅街の密集地だし、たどり着くと、たしかに好きな要素はあるんだけれど、その場の雰囲気が何か違う。ピンッとこなかったし、なぜか一気に冷めました。

とまあ、まだまだ願い事は叶いそうにありません。残念。



そんな一日のはじまりでしたが、昨日は「さをり織り」教室に行ってきました。
さをり織りとは大阪で生まれた織物。先日『ろうそく夜』さんで開催されていたイベント『つくる学校』で、徳島にさをり織り作家さんがいることを知り、体験教室もされているということなので行ってみることに。

b0203161_14344288.jpg

これが織り機です。縦糸は先生がすでに張ってくれているものを使用します。ここに好きな横糸を選んで織り込んでいきます。

b0203161_14344079.jpg

糸がほんっとにたくさんありました。色も素材もたくさん。好きな糸を使って、好きなタイミングでまた違う糸に変えて、難しいことは何もなくほんとに自由に織り込んでいきます。きっと同じものは二度と作れません。それくらい感覚的につくっていくことができました。


この「自由に」「感覚的に」っていうところが、非常にわたしに合っております。計ったり、測ったり、量ったりすることなく、高田順次並の適当さでものづくりができるなんて楽しすぎです。おしゃべりしながら何も考えず糸をほいほいと選んで通してあっという間に出来上がり。




こんな感じです。(断片的に撮影して紹介しています)
b0203161_14303635.jpg

← <警戒期>
織り方にまだ不安があった時期です。糸も無難なものを選び、おそるおそる織っている傾向があります。しばらく慣れた頃にちょっと紫やピンクを織り込んでみて様子を見るのですが、思い切りがまだ足りません。非常に警戒しています。



← <第一次冒険期>
経験値も溜まり、いよいよ冒険もできる頃。リボンのような糸を織り込んでみたり、途中で色が変わっていくカラフルな糸に挑戦しています。


← <過渡期>
派手めな色を使うことに慣れてきた時期。冒険してきた興奮は少し収縮します。この頃はシルバーの入った糸でゆるく織り込み、濃い色を遊びで使ってみるという大人の余裕があります。この余裕がその後に大きく影響を与えます。


← <第二次冒険期>
織り始めに挑戦して断念してしまった、紫とピンクの糸を思う存分発揮。今までにない派手色で存在感を一気に爆発させます。


← <バブル期>
ここでは糸を3色混ぜて横糸にして織り込むという新たな挑戦に取り組みます。オリジナル糸を織り込む楽しさにテンションは最高潮。


← <バブル終焉、反抗期へ>
いよいよ織物も最終調整に。最後の悪あがきと言わんばかりに手に取ったのは赤い糸。最後の最後に自己主張したさ加減が伺え、終わることへの反抗がここに現れています。






そうして出来上がりました。全体像はコチラです。
b0203161_1434487.jpg


拡大してみると…。
b0203161_16135639.jpg

いろんな糸を使っていてとても自由に(適当に)織っているのがわかると思います。これが約2時間2000円程度でできるのです!(※使う糸や作る内容によって値段が変わります)


ちなみに、ところどころに現れる色の固まりは、糸の切れ端をくるくるとして挟みこんで織っていくとこうなるのです。これも適当です!
b0203161_14345085.jpg


これは本当にわたしに合っているかもしれません。
織り機を買おうとしたら誰か止めてください。



⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

さをり織り
手織り工房 わらびー http://warabii.exblog.jp/

奄美大島で約10年、さをり織りの作家活動をされてきた方です。現在は徳島県鳴門市在住で、体験教室も開かれています。予約をしてどうぞ。
[PR]
by hanautalab | 2011-07-09 16:16 | 日々の出来事、思うこと

七夕ということで、

今日は七夕。
なんか毎年雨降ってる気がします。


おりひめ様とひこぼし様はちゃんと出会えたかしら…


なんてロマンチックなことを考えることもなく、今、願いごとはただひとつ。

「早くいい物件が見つかりますように」

超現実的。しかも必死です。
よろしくお願いします。




ところが、そんなわたしもちょっとはロマンチックになってやろうと
今日はこの本を本棚から引っ張りだしてきました。


b0203161_1952351.jpg

銀河鉄道の夜 / 宮沢賢治・著  清川あさみ・絵



本当は読んだ感想なんかを書いておきたかったんですが、まだ途中です。
途中にもかかわらず、慌ててブログにアップするのは今日が七夕だから。
というのも、この本を買った一番の理由が「いつか星に関する何か企画をするときに紹介できるような本じゃないかな」とひとり妄想してわくわくしてしまったから。
まだ全部読み終わってないんですが…。
読み終わってないのだけれど、清川あさみさんの作品集としても楽しめるこの本は、1ページ1ページに描かれた糸やビーズでつくりあげられた世界がとても美しく、パラパラとめくるともうストーリーが流れてくるような錯覚になり読み終わった気になっていました。
でもきっと文と絵が織りなす世界は美しさもおもしろさも倍増でしょうから、早く全部読み切って正々堂々とオススメしたいと思います。



で、清川あさみさん。宝石箱みたいな作品をつくる方です。キラキラしていて妖艶で幻想的。好きになったきっかけは『美女採集』という本でした。この「つくり込まれた世界観」というのがとてもツボ。芸能人の美女写真集という側面はありますが、作品集として好きな一冊。クリエイティブな発想がしたいときなんかにパラパラとめくると、いい想像力を与えてくれそうで。きっとずっと手元に残しておく本だと思います。



最近では、『もうひとつの場所』という作品集も出版されたようです。
今、気になる一冊です。


 
⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

■銀河鉄道の夜 [リトルモアブックス] 
http://www.littlemore.co.jp/store/products/detail.php?product_id=754

[PR]
by hanautalab | 2011-07-07 20:50 | 日々の出来事、思うこと

ぐるぐるしております。


b0203161_200286.jpg


ぐるぐるぐるぐる。

いろいろ物件を探してまわってますが、なかなか見つかりませんね。

(写真は高知市内の場所ですが、徳島市内で探しています)



通ったことのない道を進めばもしかして!

という妄想を抱き、

細い路地に入り込んでしまい、誰か様の庭にお邪魔しながらUターンする

なんてことをするくらい迷走中。

(通報されないよう気をつけます…)




見つかるんでしょうかね、いい場所。




やってみたいことがいろいろとあるのですが、

どれもお店をはじめてから動き始めたら良いものばかりで

もやもやもやもや。



早く見つけて早く動き出したいです。














暇です。











[PR]
by hanautalab | 2011-07-06 20:52 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab