b0203161_1926139.jpg


我が家の畑のネギぼうずくん。
元気に育っていっておるようです。


サイシンギジュツによって倉庫の中で太陽の光も土も無く育てられる野菜があるようです。天気にも左右されずに十分な量の野菜が作れるということは、それはそれはラクチンな話だと思います。お金はかかるのでしょうが、リスクは少なくてすみます。土壌汚染だって気にしなくてもよいのだし。それによって安価な野菜が大量生産されるのでしょう。たぶん、そうやって作られた野菜が世間に出回ったとしても、わたしは知らずにおいしいと食べているのだと思います。

きっと味にも違いがないのでしょう。
少なくともわたしたちの舌ではわからないくらいのものでしょう。


だけど、できるなら
わたしは土で育った野菜を食べたいと思います。
農薬とか土壌汚染とか実際は土で育てることは安全じゃないかもしれないけれど
それでも太陽と風と雨と虫と土とともに育った野菜が
やっぱり野菜なんだと思います。
オーガニック志向でもないし、スローライフ主義者でもないですが
やっぱり野菜は、、と思います。




時代が動き、価値観に変化が出てくるのだろうと思います。
流されるのではなく、守っていけるように、叫んでいけるように
ちゃんと大事なものは大事にしていこうと思います。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-28 20:09 | 日々の出来事、思うこと

まるとてんてん

b0203161_21474328.jpg


レテンカさんにて、念願叶って(奮発して)購入した
36 sabloさんの「いろは印ひらがな・カタカナはんこ」



「°」や「、」があれば、もっと文章ができるのになあ



と話していたところ、

なんとそのハンコを作ってくださる方がいました!



感激しました!
このうれしさをハンコで表現してみようと思います。









b0203161_21474787.jpg




「°」も「、」もバッチリです!


ありがとうございました〜♪
[PR]
by hanautalab | 2011-04-26 22:17 | 日々の出来事、思うこと

ツドイのじかん

昨日はニサンジカンクライノツドイがありました。


徳島駅前にあるキャッチギャラリーというレンガ造りの建物の
2階と3階の空間を使って
だいたい月に一回、
2、3時間ちょっとくらいの時間だけ
県内外の作家さんやおいしい食べ物が集います。


b0203161_11381046.jpg

県外の手作り市に出店したり、個展したりと活躍中の木のコモノ作家、ivory+さん。


b0203161_11363231.jpg

教会モチーフ、家モチーフがツボです。arc-mmさん。


b0203161_11432392.jpg

陶芸家のヨーコさん。手びねりで作られた柔らかい印象の陶器たちも好きですが、ヨーコさんのオブジェ作品も好き。


b0203161_11462952.jpg

沖縄の北窯で買い付けてこられた陶器たちを販売された東雲さん。秋頃(?)のお店オープンが楽しみです。


b0203161_1149084.jpg

残念ながら売り切れで食べられなかった、ぐるりと。さんのチーズケーキ。7月のお店オープンまで我慢します。。

他にも、おーや式さんのケーキ、いずゆさんのパン、美味しかったです。


と、2,3時間くらいゆるりといろいろ楽しめるツドイ。http://fmtnsh.exblog.jp/


今回は初めてワークショップにも参加してみました。
先生はquince flowersさん。

b0203161_1157633.jpg

第一回目のツドイの時に飾られていた作品をベースにしたものを、今回のワークショップで生けてみます。

b0203161_1224570.jpg

こういうなんとかいう大きな葉っぱ(名前忘れた!)をクルクルと花器に沿わせて2枚敷きます。その葉の間に、花を差し込んで生けるのが今回のやり方です。

用意していただいた花は、ラナンキュラス(←好きな花!)、ベージュ色のカーネーション、グリーン色のバラ(もしくはバラ科のなんか、、)、ライスフラワーです。


それを各自で好きなよーに生けていくのですが、不思議なことにそれぞれ個性が出てくるもんですね。用意された品種は同じでもちょっとずつ花の大きさや色、形が違うっていうのもあるのでしょうが、枝を切る高さも違えばその組み合わせ方もみーんな違う。おんなじ品種を使っているのに、おんなじような生け花にはならないんですよね。面白かったです。

b0203161_12105434.jpg


わたしのはコチラ。ライスフラワーを低く敷き詰めるようにして、カーネーションをデコボコに配置。ちょっとだけ楽しそうなリズム感を出してみました。言い換えれば「ちぐはぐ」です。




b0203161_12144656.jpg




右隣にいた、高松から引っ越してきたばかりの女性(名前忘れた。。)の作品。
腕の細ーい、かわいらしい雰囲気の方で、
線の細そうな空気感がこの作品にも漂っております。
同じものを使って、なぜこうも可憐になるのでしょうか。
見習いたいです。






b0203161_12201317.jpg




そして、こちらは左隣にいた建築家さんの作品。さすが建築家だけあって、基礎(土台)がしっかりしているという印象です。基礎はしっかり固め、上部は華やかに仕上げております。やはり一番まとまっています。最後には、水の中にライスフラワーの花びらをちぎって浮かせるという演出までバッチリ決めて、お見事です。







はじめての生け花。
思ったように生けられず、難しかったんですが、本当に楽しかったです。
きっとみんなで生けるっていうのも良いんでしょうね。
みんなの出来上がった作品を見合って、わいわい話すのも楽しかったです。

b0203161_1226571.jpg


楽しい時間を過ごせました。やっぱりツドイでの時間は大好きです。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-25 12:39 | 日々の出来事、思うこと

糸をたどる

今日はニサンジカンクライノツドイへ行ってきました。
そのレポートを書こうと思っていましたが、
ちょっとうれしいことがありましたので先にそのことについて。



b0203161_19225939.jpg


明日、4月25日(月)まで
そごう徳島店5Fにて『鈴木良治 作品展』を開催しています。


偶然がいろいろと重なって、この作品展のことを教えていただいて
とてもすてきな再会ができました。


鈴木良治さん。
徳島県在住、油絵や版画で制作をしている作家さんです。
http://ryoji-suzuki.com/
http://red.ap.teacup.com/ryouji88/

観ると、不思議なストーリーの中に引き込まれます。
かわいらしさ、そしてちょっぴり恐ろしさも持っていると感じます。
夢をみているような感覚とでもいうのでしょうか。
独特の世界観を持つ作風です。



その場所で、わたしが作った記事に会いました。


わたしが編集者として働いていた頃に「どうしてもやりたい!」と
思いを込めて作った企画のひとつ、徳島県内のアーティスト特集。

「特集」と言っても、たった8ページの第3特集。
題材が「アート」なもんで、そんなもんです。
様々なご縁で、県内で制作活動をされている方々に出会うことができ
わたしが言うのもなんですが、
自信を持って県内外にご紹介できるみなさんばかりだと確信し
まとめて掲載したいと思ってできたのがこの企画でした。
(実際は8ページに収まりきらなかった方たちを、たぶん1年くらい連載して紹介していきました)

その1ページめで紹介させていただいたのが鈴木良治さんなのです。


その企画のページを開けて、会場に置いていただいていたことにびっくりしました。
もう5年ほど前の企画。
今でも当時の記事に感謝の言葉をいただけるとは思ってもいませんでした。
しかももう退職している、、(笑)
喜んでいただいていたことを知って、
本当にもう涙目になるくらいうれしかったです。




ほんの少しの記事が、ほんの少しだけ力になれていることを知りました。
メディアの持つ力を再認識しました。
けれど、わたしはそこに属さない道を選びました。
ただ
県内のアーティストや職人への思いは、当時と変わらず。

今のわたしに何ができるか。これからのわたしに何ができるか。


b0203161_19133760.jpg















今日は見えない細い糸が幾十にも張り巡っているような感覚になりました。
ひとつひとつきちんとつなげていこうと思います。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-24 21:09 | 日々の出来事、思うこと

会いたい。

b0203161_20275482.jpg


この本を買ったのはもう一年ほど前のことなのですが、
ようやく今日読みました。半分くらいまで。

「紙と活版印刷とデザインのこと」/パピエラボ

活版印刷。手間も時間もお金もかかる仕事です。
人によっては、なんてそんな効率の悪いことをするんだ、なんて思うかもしれません。
だけど、そんな古い技術だからこそのなんともいえない味があります。
そして、
職人さんたちの確かな仕事から生み出された文字のひとつひとつに温度を感じます。
風景があり、人が見える。
だからきっと、わたしは活版印刷にひかれるのだと思います。

ただ、伝統とか文化とか、こういった職人の技術とか、
残そうとしなければ残らない時代です。
守るべき職人の技と、デザイナーやアーティストの新しい感性が合わさって
世の中に「それがいい」と思わせるモノを生み出していくことも
「残していく」ために必要なことのひとつなのだと思います。

本当にすてきな仕事をしています。パピエラボ




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

しかし、四国にも活版印刷所があります。

■高知県 竹村活版室

先日、高知に訪れた際にぜひ寄りたい場所だったのですが、
日曜は定休日のようだったので。。

ショップカードはこんな感じです。
b0203161_21285615.jpg

活版印刷の雰囲気が伝わるでしょうか。
b0203161_2130911.jpg

ぜひ次はオープン日の水、木、金、土曜を狙って高知へ行きたいと思います。



そして、徳島にはガリ版印刷をしている方が牟岐町、出羽島にいらっしゃるそうです。
わたしは前職のおかげで
徳島県内のいろんな方々にお会いする機会をいただいてきましたが、
この方にお会いできなかったことが心残り。。


あと、寒茶をつくるおばあちゃんたち。
会いたい!
b0203161_22175488.jpg





会って何かが変わることはないのかもしれません。
「良いものだよ」「未来に残そうよ」と言ったところで世間が動く力も
残念ながらわたしは持ち合わせておりません。

ただ、見たいと思います。
会って、感じたいと思います。
まだ今の自分に何ができるかわかりませんが、
良いと思うモノを良いと「言う」ことがはじまりなのだと思います。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-21 22:20 | 日々の出来事、思うこと

ゆるむ春、ゆるり春。


b0203161_1912168.jpg


たしかに3月末までははけていたズボン。
今日久しぶりにはいてみようと試みるがなぜだかどうもきつすぎる。
そんなに油断をしていたつもりはないのだけれど。
ここ数日、ゆるいズボンばかりをはいていたせいでしょうか、
自分のゆるみ具合に衝撃を受けました。


そんな今日は自分を鍛えるべく山にでものぼろうか、
と思ってみましたが
やっぱりどうも自分にゆるめで
川沿いへ春を探しに出かけてみました。

(ええ、例の写真展の件であせっております)


川沿いの道をぶらぶらと歩く。
風が肌寒かったですが、やっぱり気持ちがいいです。

肝心の写真は、、
いい写真が撮れたかといえば撮れてないとは思いますが、
自分の好きなもの、好きな感じはなんとか撮れたような気がします。
道の向こう側から迫ってくる草刈り機のおっちゃんに
ギリギリまで立ち向かって撮影した成果をぜひ観に来てください。

※上の写真は写真展に出品する写真ではありません。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-20 19:46 | 日々の出来事、思うこと

b0203161_13581645.jpg


プリンと言えば、
プッチンとしたら
ぽぽぽぽーんと
出てくる
台形だったり
丸いお椀のようだったり
そんな形を想像していました。



b0203161_12591669.jpg


高知県のカフェ
terzo tempoさんのプリンは
四角いプリン。

なんだか新鮮。


とろんとろんのプリンも好きだけど、
わたしはどちらかと言えばterzo tempoさんのような
少し固めで味が凝縮されているプリンが好み。



何個でも食べたい。



という気持ちを我慢して、
アアルトコーヒーを飲みながら
ぼーっとひとやすみ。





ニートの休日でした。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-18 15:34 | 日々の出来事、思うこと

高知県まで行ってきました。

狭い一方通行の路地の中にあるterzo tempo。
肩書きに「本と音楽と珈琲」と付いているカフェ。
http://terzotempo.jugem.jp/

本も音楽も珈琲も大好きなもので、
ずっと気になっていたお店でした。
ようやく昨日はじめて行ってみることに。

やはり素敵。

イベント開催中だったということで
普段とは違うディスプレイになっていたようでしたが、
古い家屋を改装して作られた空間は
ゆったりと時間が流れ、風が流れ、とても居心地が良かったです。



そして、昨日ちょうど開催されていたというイベントがコチラ。
b0203161_14325448.jpg







asakozirusi+おるがん社
「終わらない散歩展」
2011.04.17-04.24
@ terzo tempo

●asakozirusi
消しゴムはんこ/尾??浅子 さん http://asakozirusi.jugem.jp/

●おるがん社
陶製人形/にしおゆき さん http://www.organsha.com/



それはそれはかわいい世界になっておりました。
どれもこれも持ち帰りたい。。


そんなわたしの欲望がなんと人の役に立つということで、
購入金額が義援金になるという震災チャリティー企画のセットを購入しました。
b0203161_14493831.jpg

<左上>asakozirusiさんの好きなはんこが押されたカードを選びます。
<右>好きなアルファベットクッキーを選びます。
<真ん中>かわいい紙袋に入れてくれます。
おるがん社さんの陶製人形も好きなものを選べるのかと思いきや、
こちらはドキドキワクワクのくじ引きで選ぶとのこと!


「白鳥が欲しい!」


そう念じてくじ引きを引いて、
当たったのはコチラです↓
b0203161_1533752.jpg









※ほぼ実寸大

彼の名前は「ニートくん」というそうです。




いやー
奇遇ですねぇ
わたしも今ニートなんですよ!




、と言える余裕がないくらい
あまりに直球すぎる出来事にしばし唖然。



これも何かの運命かもしれません。


⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

terzo tempo
「終わらない散歩」展は4月24日までです。
ぜひ。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-18 15:00 | 日々の出来事、思うこと

b0203161_8302130.jpg

4月写真展「Did you feel that?」

「ゆかい社中そらぐみ」さんで2ヶ月に一度開催しているグループ写真展。今回のテーマは「水温む 山笑う」。それぞれが感じた“春”を写真におさめます。

●期間/2011年4月24日(日) - 5月14日(土) ※会期中木曜休
●場所/ゆかい社中そらぐみ



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今回、わたしも参加することにしました。

が、

いまだまったく作品イメージが湧かず。。。

少しあせってきました。

要するに「春」がテーマなのですが、

わたしは性格上、

ストレートではなく変化球を投げたいタイプ。

どうにか視点を変えた「春」を捕らえてみたいんですけどねえ。。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-16 08:52 | 日々の出来事、思うこと

t o r i

b0203161_12224196.jpg


昨日、あまりにもひどい「鳥」しか描けなかったので
悔しくてちょびっと練習しました。


鳥。好きです。


酉年生まれだからでしょうか?
なぜだか鳥が気になります。



そんな鳥好きなわたしが気になる作家さん、BIRDS' WORDSさん。
今度、D&DEPARTMENT 大阪で行われるワークショップに行ってくることにしました。
たーのーしーみー!



ちなみに、我が家の愛鳥はコチラ↓
b0203161_1256428.jpg









文鳥のブンちゃんです。
いまどきの子供たちには解読不可能な名前が多いようですが、
シンプルが一番だと思います。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-14 13:08 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab