<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

感謝。

b0203161_1114583.jpg


会社の周りに咲くモッコウバラが好きでした。
(写真は昔のブログから)


7年間、
たくさんの人に出会い、
たくさんの経験をさせていただきました。


毎日泣いてばかりのつらい時期もありました。
悔しかったり腹立たしかったりしたこともありました。
思う存分休める日なんて滅多になく、
けれど、なぜか病気で倒れることもなく・・・
それ以上に楽しい瞬間があったから続けていたのだと思います。

覚えた特技は
見ず知らずの人にでも自然に話しかけられる心の強さ。
10も年下の子らにため口を聞かれてもうまくかわしていける心の広さ。
車中で睡眠する術。

そして
7年の出会いや経験から得られたものは
言い表せないくらいわたしにとって大きなものです。
一期一会の人もたくさんいますが、
それでもその出会いひとつひとつが
わたしの身と心にしっかりと刻まれているのだと思います。


関わったすべてのみなさまに感謝!

ありがとうございます!

そしてどうかこれからもよろしくお願いします!


最後の出勤日、
今から行ってきます。
[PR]
by hanautalab | 2011-03-31 11:40 | 日々の出来事、思うこと

風が吹く。

昨日のカズのゴール、良かったです。

おそらく日本中が望んでいたことをしっかりとやってのけたカズ
本当かっこよい人だな、と思いました。
44歳ですよ。日本代表相手ですよ。会場、そして日本中が彼のゴールを期待していたはずです。
そんなプレッシャーの中でも、きちんと応えてしまった。
すごい人です。
「キング カズ」と呼ばれる由来がハッキリわかった気がしました。


おそらく彼が持つオーラのようなものもあるんだと思いますが、
ピッチに立ったときの会場のどよめき、
ゴールを決めたときの大きな歓声、
何か空気が変わるような感じをテレビを観ているだけでも伝わってきました。


「気持ちがひとつになる」


目に見えないものなのに、不思議です。
その人の行動にあふれる気迫や情熱が、周りの空気を変え、見ている者の心を動かすことがあります。
空気が変わるんですよね。不思議です。
本田選手も言葉として残していないものの「今日のプレーや行動すべてが被災地、被災者へのメッセージ」だと言っていたそうです。


気持ちって伝わっていくんですよね。
心って表れるんですよね。


みんなを感動させてくれるスポーツは本当にすてきだな、と改めて思いました。



甲子園もそうですよね。
高校球児たちの全力プレー、そしてなによりも元気な笑顔が
本当に力を与えてくれます。


b0203161_11545640.jpg


スタジオジブリ物語での言葉を思い出しました。

「心が動く時、風が吹く」

ひとりひとりの気持ちが日本を変えることもあるかもしれない。
どうか良い風が吹きますように。


そして、良い風を吹かせましょう。
[PR]
by hanautalab | 2011-03-30 12:38 | 日々の出来事、思うこと

一冊の本。

b0203161_1248386.jpg


元マガジンハウス『relax』編集長の岡本仁さんが手がけた鹿児島の本。
『BE A GOOD NEIGHBOR ぼくの鹿児島案内。』

vi vo, vaさんで見つけてレジに向かうと
「この本を読んで鹿児島を回ってみたんですが、おもしろかったですよ」
とvivo, vaさん(お名前知らない。。)が鹿児島行きをおすすめしてくれる。


これってすごいことだと思った。


おそらく全国に何人もファンを持つ岡本仁さんが、鹿児島という地を薦めたことで、
この本片手に鹿児島を訪れた人、訪れようとした人がたくさんいるのだろう。
そして、そんな人たちはまた、たくさんの人にこの本を薦め、鹿児島がいかにおもしろい場所だったかを語っているのだろう。


わたしは学生時代、les deuxが作っていたリトルプレス『なごやに暮らす』に惚れ込んで、その冊子片手に名古屋を巡ったことがあった。
たぶん、
そのリトルプレスに出会わなかったら、わたしは名古屋のお店めぐりをしようなんて思わなかったろうと思う。

そのときの楽しかった旅のことを思い出した。

一冊の本が人を動かす。
それってすごいことなのだ。
その感動を起こすことが、わたしが本当にやりたいことなのだ。



ひさしぶりに神戸に出かけてあんまりわくわくしなかったのは
いつもと同じお店ばかりを巡ったからかなと思ったけれど、
そうじゃなかった。

けど、いい収穫がありました。

やっぱり動かなければ見えてこない景色はたくさんありますね。
[PR]
by hanautalab | 2011-03-27 14:26 | 日々の出来事、思うこと

手乗りオンドリ

b0203161_04154100.jpg


手乗り雄鶏です。


今日ほどニワトリをかわいいと思った日はありません。


愛しいこの手乗り雄鶏は、神戸のトリトンカフェさん企画、YOSHiNOBUさんのワークショップで作ったものです。

YOSHiNOBUさんは、羊毛フェルトを使って動物の作品を制作されている作家さんです。
「もふもふ」というフレーズに心を奪われ(コレ→)、「いつかワークショップに参加してみたい!」とずっと思っていた作家さんでした。
もう子ヤギとかペンギンとか、かわいくてどうしようもありません!

正直、「今回は雄鶏かあ」などと思っていたりもしていたのですが、
退社日まで待てず、一日でも早くワクワクしたかったので
勢いで神戸まで行ってきました。


さて、雄鶏づくり。

あわよくば途中経過をカメラでおさめたり、
ブツブツとつぶやいてみたり、
そんなことも考えて臨んだのですが、
いざワークショップがはじまるとそんな余裕はまったくなく・・・
約6時間、ひたすら雄鶏と格闘しておりました。

基礎となるスポンジはすでに先生が象ってくださっていたし、
見本どおり羊毛フェルトを針でちくちくちくちくと差し込んで留めていくだけだし、
簡単に進むと思いきや、ところがどっこいですよ。
思い通りに形にできないし、時間をかけたいのに時間が無い(単純に遅いだけか?)。
そして、焦る。
針が幾度となくわたしの指を攻撃しようが、気にしてられないほど必死でした。

焦ったおかげで、トサカがコック帽のようです。
尾っぽの角度も形も気に入っていません。
焦ってちょっと雑になってきたので「これではいけない」と思い直し、
一番最後に付けた足はちゃんと3本きれいに爪が分かれるようにがんばりました。
ここ、ちょっと気に入っています。
あとは目。
大きな目にするとかわいらしくなりすぎてしまう気がしたので、
ニワトリらしくちっちゃな目にしたのがこだわりです。

どうですか。
わたしはかわいくて仕方ありません。


次はオカメインコの時にでも参加したいと思っています(7月頃らしいです)。
雄鶏は初級編らしいので、今回以上に焦ることが予想されますが。


いい感じに退社準備進んでおります(笑)。
[PR]
by hanautalab | 2011-03-27 01:34 | 日々の出来事、思うこと

「前へ。」

b0203161_2333778.jpg





震災から11日。


何度か気持ちを整理してブログを書こうと試みたのですが、
なかなかうまく文字にできませんでした。

命のこと。
自然のこと。
エネルギーのこと。
現代生活のこと。

たくさんたくさん考えました。
でもやっぱりうまく書けないので
わたしのこれからの生き方、ひとつひとつの選択に、
今の思いを活かしていこうと思います。

震災に遭われた方々にとってはこれからが本当にしんどい時だと思います。
わたしはほんの少しずつの支援しかできませんが、
一日でも早く笑顔いっぱいの街に復興できるよう祈っています。

そして、笑顔いっぱいの日本になるよう信じています。


「前へ。」


この10日間ほど、
いろんなことを考えすぎてしまっています。
気付いたら停まってしまっていることに、ふと不安になってしまいます。
二度とない自分の人生ですもんね。
ようやく踏み出す一歩の前に、なんか迷いがでてきてしまっているのですが、
精一杯毎日を生きないと、ですね。

春です。
「前へ。」
[PR]
by hanautalab | 2011-03-22 23:24 | 日々の出来事、思うこと

おむすび ころりん

b0203161_2357272.jpg



「あと一ヶ月
一生懸命がんばって
惜しまれて辞めなさいよ」


朝ごはんを食べない私のために
母が作ってくれるおにぎりの隣に
添えてあった言葉です。




7年間勤めた会社を、あと30日で退職します。
一生懸命。
最後まで。
[PR]
by hanautalab | 2011-03-01 23:57 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31