素 描

b0203161_14320409.jpg
素描家しゅんしゅんさんの原画展は明日(22日)まで。


原画はやっぱり違う、と
お客様に楽しんでもらえていてとてもうれしい。
線のタッチ、インクの色、紙の種類、その色。
絵も文も、素描集に収められているものと同じだけれど、
壁に掛けられた原画と向き合うと、なんだか違ってみえる。
きっとその作品の向こうに人がいるのだと思う。
しゅんしゅんさんがいて、その向こうに店の空気が流れて店主がいる。
原画のサインの横に記された年の、その時に遡って出会うような。


2013年にしゅんしゅんさんが徳島に訪れてくださったときに
uta no taneも素描していただいて、
その原画が展示され、素描集にも収めていただいているのだけど
実を言うと、自分の店の素描を、未だに直視できないでいる。

しゅんしゅんさんにも言ってないのだけれど。笑
ほんとはDMに自分の店の素描を載せるのは気が引けていた。


素描になった自分の店を初めて見たときから
うれしさとか気恥ずかしさとかでもやもやしている。
その原因をずっとずっと考えていたのだけれど、
昨日の夜にふと気づいた。
2013年の自分がいるのだ。

このとき、
どんなものが店にあって、どんなことを考えていて、どんな話をしていたのか。
しゅんしゅんさんが描いたのは、わたしではなく、店なのだけど。
店の細かなところまで、ちゃんと線になっている。
その感覚は写真とはまた違っていて、自分が浮き出ているようで気恥ずかしくなる。

同時に、
その一本一本の線から、uta no taneというかたちになっていることに、
感謝の気持ちで泣きそうになる。

b0203161_14314957.jpg
『主の糸』

主の糸
と書いて
素になる

主の糸から
素が生まれる

店主が
素と向き合って
一つ一つ丁寧に
生み出した空間は

まるで
繭のように
愛おしく
美しい

—— しゅんしゅん

uta no taneを描いてくださって
ありがとうございます。

2年後か、3年後か、
もしよければ
また、uta no taneを素描してください。

そのときには
一本一本の線をちゃんと
胸を張って、確かめられるような、
もっといい店になっておきます。



--------------------------------------------------------

[イベントのお知らせ]
2/7(土)〜2/22(日) 
素描家しゅんしゅん「主の糸 nushi no ito 三十六の素描の旅」原画展

3/14(土)〜3/29(日) 
イラストレーター wassa「オノマトヘア」原画展

[営業日について]
毎月の営業日はホームページやFBページなどでご確認ください。

twitter @info_unt
instagram utanotane_kigi

[PR]
by hanautalab | 2015-02-21 16:12 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30