奈良県に暮らす詩人の西尾勝彦さんからフリーペーパーが届いた。

できれば毎日ブログを書いておきたいと思っているのだけれど、
これまでにも書きたい話はいろいろあった。
日々こなすべき仕事をあれやこれやとしていると
気づいたら何日もブログを開けずに過ぎて行った。

お久しぶりです。2015年1月、2度目の投稿。

このブログではお店や制作なんかの仕事に関係あるようなないような
その周辺の出来事をちょこちょこ書いていけたらと思っているんですけどね。

b0203161_15413058.jpg

今日は奈良県に暮らす詩人の西尾勝彦さんからフリーペーパーが届いた。
わら半紙に手書きで書いた文章をコピーしたもの。
「粥彦」というタイトルの西尾さんのフリーペーパーはこの度15号目の発行。

こういう手書きのフリーペーパーを見ると懐かしくなる。
10年くらい前には徳島にもこういうフリーペーパーを発行している人が何組かいたものです。
手書きで一枚一枚折られたもの。ホチキスでとめられたもの。
手作業まるみえのフリーペーパーたち。
わたしはそのとき発行する側ではなかったけれど、
味のある興味深いフリーペーパーを見つけては、持ち帰って読むのを楽しみにしていた。

そんないろいろを思い出しながら「粥彦」を読む。
これを今日のブログに書こうと思ったのは、フリーペーパーの今昔話をしたかったわけではなく
とても共感した文章があったからだ。

「のんびり静かに、身近な自然、町、人、文化を大切にしつつ暮らすことがいい」

「時代は今後グローバル化ではなくて、ローカル化が進む感じがしています。」
「前へ、遠くへ進むのではなくて、その場で、近くで、気の合う人たちと」

わたしもここ数年、同じようなことを考えていたのでとてもうれしくなったのです。
自分たちの暮らす町が、少しでも楽しく豊かになって、
そのためにそれぞれが自分たちの手の届く範囲のことをすればよいのだろうと思う。

それしかできないのだけれど。

***
写真は西尾さんのフリーペーパー「粥彦」(左)と西尾さんの詩集「朝のはじまり」(1620円 / 右)。
どちらもuta no taneにて無料配布&販売中です。



--------------------------------------------------------

[イベントのお知らせ]
2/7(土)〜2/22(日) 
素描家しゅんしゅん「主の糸 nushi no ito 三十六の素描の旅」原画展
在廊日:2/7(土)・2/8(日)

[営業日について]
毎月の営業日はホームページやFBページなどでご確認ください。

twitter @info_unt
instagram utanotane_kigi

[PR]
by hanautalab | 2015-01-29 16:37 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30