伝える「暮らし」。考える「暮らし」。

昨日は突然のお休み、ご迷惑おかけいたしました。
今日はすっかり体調もよくなり、元気にオープンしております。

そこで、通常、6/7(木)と6/8(金)はお休みをいただく予定だったのですが、
変更しまして

▲▼▲▼▲▼▲▼ お知らせ ▲▼▲▼▲▼▲▼

◎ 6/7(木) 営業

◎ 6/8(金) 休業日

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


という風にいたします。

実は東京出張からの大阪行きという強行手段を考えていたのですが
予想外に体力を消耗させられてしまったので
この週末大移動を乗り越える自信が薄れてきまして。。。

体力はある方なのですけれどね。

金曜はとあるイベントを見に大阪まで。
(この内容については事後レポートいたしますね)



しかし、四国内でもおもしろそうなイベントの情報が続々と届いております。
今日はそんな四国のイベントをご紹介いたします!


まずはこちら。
b0203161_17393866.jpg
徳島県三好市池田町からやってきたイベント情報。

三好市池田町といえば、「やまびこ打線」で有名な徳島県立池田高校がある町。
そこは「四国のへそ」と呼ばれ、徳島市内から高速道路に乗って1時間程度走ったら辿り着ける、とにかく四国の真ん中らへんにある町です。

そこに今、イベントスペース「きせる」がオープンし、マルシェがはじまり、どんどんおもしろいことを始めてる町でもあるのです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■ じいやんばあやんの暮らしの知恵 伝える暮らしのワークショップ
2012.06.16 sat
“お茶ばあやん”こと、テルコばあやんがガイドする
「二番茶摘み&茶摘みワークショップ」

2012.07.01 sun
“梅ばあやん”こと、ミエコばあやんがガイドする
「梅摘み&梅干し講習ワークショップ」

☆詳しくはコチラ→ http://kirari-honmachi.ciao.jp/?page_id=688



■ うだつマルシェ 第5回
2012.08.26 sun
三好市近隣の作り手から届く“おいしいもの”や手作り雑貨を集めたマーケット。
http://kirari-honmachi.ciao.jp/?page_id=35

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

どちらも、その地域の人たちが作るものを伝えていく企画であり、
その地域の「暮らし」を伝えていこうとしている企画です。

“ばあやん”“じいやん”が講師になるっていう発想はとてもすてきだなあと思います。
ばあやんじいやんしか知らない知恵がたくさんあると思います。

その知恵は、きっとその地域の財産。

ほんとに今の世代を境目に、田舎の文化や伝統や暮らしが失われていく、そんな事態が各地で起こっている最中だと思います。今、守る努力をしなければいけない。そんな「今」に大事な企画を三好市池田町は始めているのではないか、と思います。

興味のある方はぜひ! フライヤー、uta no taneにて配布しております。




そして、高知県でも「暮らし」を考えるイベントが。
b0203161_1830176.jpg

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 高知で暮らしと仕事を考えるフォーラム 「高知にかぁらん 其の二」
2012.06.23 sat - 24 sun
※応募〆:2012.06.15 fri

☆詳しくはコチラ→ http://kaaran.org/

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このブログをずっと見ていただいている方はうっすら気付いていると思いますが、
わたしは高知が好きなのです(笑)。

初めて高知へ行ったとき、高知に移住したいと思ったほど。

それはたぶん個人でがんばっているお店、それもオシャレで個性的なお店がたくさんあるから。それに、オーガニックマーケットでの野菜や、各ショップで出会った手作りの作品なんかに、とても魅力とパワーを感じたから。

そう、「パワーがある」と思ったのです。

あまりに感動して、どこかのお店で尋ねたことがあります。
なんで高知ってこんなにおもしろいお店が多いんですか?
「どこに行くにも遠い場所だから」
だからこそ、
「自分たちでおもしろい場所をつくろうと思ったんじゃないかな」と。

自分たちでおもしろい場所を。自分たちで良いモノを。
自分たちで「自分の仕事」をつくっている。
その「生み出す」パワーに、とても惹かれたのでした。



この『高知にかぁらん』では、高知を愛し、高知で暮らし、高知で働く人々がガイドとなって、高知の農、漁、食、山の暮らし、海の暮らしなど、そのリアルな現場を見ながら、感じながら、その地での仕事や暮らしを教えてくれます。
☆ガイド内容 http://kaaran.org/guide

高知の暮らし方や働き方を知ることで、
豊かな暮らしが見えてくるのかもしれません。
高知という場から、そこに集まってくる人から、
何かのきっかけを与えてくれるのかもしれません。
これからの後押しをしてくれるパワーを
もらえるのかもしれません。


“県民一人あたりの所得は全国最下位ながら、個人事業主の割合は全国一位”の高知。
そこには何があるのか?


気になる方は、一度ホームページを覗いてみてくださいね。
過去に参加した方のインタビューも載っています。
http://kaaran.org/
[PR]
by hanautalab | 2012-06-06 18:34 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31