[東京旅] 旅に出るといつも、

旅に出ると、けっこういろんな物が必要ないんだってことがわかります。
自分の部屋に積み上げられたあらゆる物が側になくたって、生きていけるもんなんです。
必要最低限の物さえあれば。
普段どれだけ無駄なものばかりに囲まれているのか。
旅はそんな価値観をわたしにそっと教えてくれます。


が、


そんな思いに浸る一方で、なぜかついつい手元に溜まって行く紙の束。
かわいいフライヤーやら、フリーペーパーやら、本やら。
(今回の旅では、展示会でいただいた資料も大量に…)
身軽な気持ちで旅をしていたら、帰りはついつい重い荷物(紙)を背負うことに。


よくあることです。




では、今回の東京旅で持って帰ってきた紙もの紹介。

b0203161_18423675.jpg
BABY BABY BABY
メキシコのファッション&カルチャー誌。「かわいい」と評判を聞き、ずっと気になっていたのですが『ユトレヒト』でついに発見! コラージュあり、手書きあり、イラストあり…とクリエイティブ感のある作りで、写真やページ構成すべてがめちゃくちゃガーリー。擬人化するなら自由でわがままな女の子っていう感じです。動物で言うなら猫。独自のセンスでつっぱしっちゃう奔放さが魅力的な一冊。サイトもこんな感じ→
b0203161_18465751.jpg














b0203161_19342088.jpg
aromamora books vol.1 東北
BOOK246』で目にとまり、なんだかとても良い雰囲気を感じたので購入。宝箱のような本の表紙をめくると、ふんわりいい香りがこぼれ出て、たくさんの写真の束と、小さな松ぼっくりがぽつりとひとつ。その様子があまりにせつなくて写真を見はじめる前に胸がいっぱいになっていました。

一般公募で集まった東北の写真が50枚。写真家が撮った写真もあるようですが、そのほとんどはどこかの誰かの思い出の写真。懐かしい風景。家族の笑顔。子どもが小さいときの古い古い写真。美しい景色もあれば、なんでもない普通の景色だったり。けれど、どれもが大切な記憶のカケラ。50枚それぞれに時間が流れているのを感じます。
b0203161_18483464.jpg

写真の裏には、撮影者が書き込んだ撮影時のコメント。そのほとんどが震災前に撮影されたもの。コメントの中には震災のことにふれているものもいくつかありました。
b0203161_18495876.jpg

美しい思い出が詰まった、ほんとに宝箱のような一冊。これは誰かの思い出だけど、わたしたちの心にもちゃんと刻んでおかなくちゃいけない。忘れずに。
aromamora books vol.1 東北


b0203161_2025587.jpg

動物新聞
旅するレストラン『トラネコボンボン』が発行する新聞。『ウラニワ』に大量にありまして、片っ端から失礼してきました(一枚40円也)。わら半紙の感じとか、配色のセンスとか、手書き文字やイラストのゆるさとか、かなりかわいい。内容も、動物についてを詳しくわかりやすくゆるーく説明していて楽しめます。




ほんとはまだまだ持って帰ってきているのですが、紹介はこれくらいで。
必要最低限の暮らしは、わたしは出来そうにありません。しばらくは。


人生、無駄なことの方が楽しいもんです。よね。
[PR]
by hanautalab | 2011-09-10 20:21 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31