阿波おどり



昨日は県外からのお客様を招いて徳島めぐり。

b0203161_939773.jpg

仕事で行ったことがあったけど、お客さんとしては初めて
「たらいうどん」を食べに行きました。

徳島県、土成町の地域に残る「たらいうどん」の文化。
その名のとおり、でっかい「たらい」に入って出てくるうどんは
さぬきうどんとはまた違ったコシの食感が楽しめて、
川魚を使った出汁も独特だけどおいしい。

鳥料理や焼き魚といった充実したサブメニューと一緒にいただきます。

b0203161_9385850.jpg

うどんの奥に見えているのが、「さわがにのからあげ」。
ディープです。



夕方からは阿波おどり。

演舞場で踊りが開始されるのは18時からですが、
もう昼間っから付近の公園などで鳴り物が鳴り響き、
踊り子たちは最後の練習。
いや、夜だけでは踊り足りないから踊るのです。

b0203161_9484434.jpg


b0203161_9383346.jpg



夜。

b0203161_9382568.jpg

あちこちで踊りがはじまります。


苔作」の踊り。
ファンが多く、踊りはじめるとすぐに人だかりになります。
血が騒ぐようなリズム、体に響く太鼓の音。

b0203161_9382245.jpg


b0203161_9381936.jpg


b0203161_9381614.jpg



これまでゆっくり桟敷で阿波おどりを見たことがなかったのだけど、
今回は観光気分で南内町演舞場へ。

b0203161_938158.jpg

連(=チーム)ごとに伝統があり、
踊る足の角度や手の位置、リズムの速さも少しずつ違っています。
それぞれに美学を持ち、それぞれに誇りを持った踊りです。


最後はいくつかの連が集合し、いっせいに踊る「総踊り」。

b0203161_9375842.jpg


b0203161_9375640.jpg


b0203161_9375298.jpg

最後は連も関係なく、踊り子もお客さんも関係なく、みんなで踊りを楽しむ。
そんな空気感がわたしは大好きだし、これぞ阿波おどりの魅力なんだと思います。


いつかまた踊る阿呆も。踊りたくなりました。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『徳島 阿波おどり』は毎年8月12日〜15日まで。
http://www.awaodori.net/


■苔作のおどり



■南内町演舞場の総おどり

[PR]
by hanautalab | 2011-08-15 10:26 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30