会いたい。

b0203161_20275482.jpg


この本を買ったのはもう一年ほど前のことなのですが、
ようやく今日読みました。半分くらいまで。

「紙と活版印刷とデザインのこと」/パピエラボ

活版印刷。手間も時間もお金もかかる仕事です。
人によっては、なんてそんな効率の悪いことをするんだ、なんて思うかもしれません。
だけど、そんな古い技術だからこそのなんともいえない味があります。
そして、
職人さんたちの確かな仕事から生み出された文字のひとつひとつに温度を感じます。
風景があり、人が見える。
だからきっと、わたしは活版印刷にひかれるのだと思います。

ただ、伝統とか文化とか、こういった職人の技術とか、
残そうとしなければ残らない時代です。
守るべき職人の技と、デザイナーやアーティストの新しい感性が合わさって
世の中に「それがいい」と思わせるモノを生み出していくことも
「残していく」ために必要なことのひとつなのだと思います。

本当にすてきな仕事をしています。パピエラボ




/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

しかし、四国にも活版印刷所があります。

■高知県 竹村活版室

先日、高知に訪れた際にぜひ寄りたい場所だったのですが、
日曜は定休日のようだったので。。

ショップカードはこんな感じです。
b0203161_21285615.jpg

活版印刷の雰囲気が伝わるでしょうか。
b0203161_2130911.jpg

ぜひ次はオープン日の水、木、金、土曜を狙って高知へ行きたいと思います。



そして、徳島にはガリ版印刷をしている方が牟岐町、出羽島にいらっしゃるそうです。
わたしは前職のおかげで
徳島県内のいろんな方々にお会いする機会をいただいてきましたが、
この方にお会いできなかったことが心残り。。


あと、寒茶をつくるおばあちゃんたち。
会いたい!
b0203161_22175488.jpg





会って何かが変わることはないのかもしれません。
「良いものだよ」「未来に残そうよ」と言ったところで世間が動く力も
残念ながらわたしは持ち合わせておりません。

ただ、見たいと思います。
会って、感じたいと思います。
まだ今の自分に何ができるかわかりませんが、
良いと思うモノを良いと「言う」ことがはじまりなのだと思います。
[PR]
by hanautalab | 2011-04-21 22:20 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30