風が吹く。

昨日のカズのゴール、良かったです。

おそらく日本中が望んでいたことをしっかりとやってのけたカズ
本当かっこよい人だな、と思いました。
44歳ですよ。日本代表相手ですよ。会場、そして日本中が彼のゴールを期待していたはずです。
そんなプレッシャーの中でも、きちんと応えてしまった。
すごい人です。
「キング カズ」と呼ばれる由来がハッキリわかった気がしました。


おそらく彼が持つオーラのようなものもあるんだと思いますが、
ピッチに立ったときの会場のどよめき、
ゴールを決めたときの大きな歓声、
何か空気が変わるような感じをテレビを観ているだけでも伝わってきました。


「気持ちがひとつになる」


目に見えないものなのに、不思議です。
その人の行動にあふれる気迫や情熱が、周りの空気を変え、見ている者の心を動かすことがあります。
空気が変わるんですよね。不思議です。
本田選手も言葉として残していないものの「今日のプレーや行動すべてが被災地、被災者へのメッセージ」だと言っていたそうです。


気持ちって伝わっていくんですよね。
心って表れるんですよね。


みんなを感動させてくれるスポーツは本当にすてきだな、と改めて思いました。



甲子園もそうですよね。
高校球児たちの全力プレー、そしてなによりも元気な笑顔が
本当に力を与えてくれます。


b0203161_11545640.jpg


スタジオジブリ物語での言葉を思い出しました。

「心が動く時、風が吹く」

ひとりひとりの気持ちが日本を変えることもあるかもしれない。
どうか良い風が吹きますように。


そして、良い風を吹かせましょう。
[PR]
by hanautalab | 2011-03-30 12:38 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31