手乗りオンドリ

b0203161_04154100.jpg


手乗り雄鶏です。


今日ほどニワトリをかわいいと思った日はありません。


愛しいこの手乗り雄鶏は、神戸のトリトンカフェさん企画、YOSHiNOBUさんのワークショップで作ったものです。

YOSHiNOBUさんは、羊毛フェルトを使って動物の作品を制作されている作家さんです。
「もふもふ」というフレーズに心を奪われ(コレ→)、「いつかワークショップに参加してみたい!」とずっと思っていた作家さんでした。
もう子ヤギとかペンギンとか、かわいくてどうしようもありません!

正直、「今回は雄鶏かあ」などと思っていたりもしていたのですが、
退社日まで待てず、一日でも早くワクワクしたかったので
勢いで神戸まで行ってきました。


さて、雄鶏づくり。

あわよくば途中経過をカメラでおさめたり、
ブツブツとつぶやいてみたり、
そんなことも考えて臨んだのですが、
いざワークショップがはじまるとそんな余裕はまったくなく・・・
約6時間、ひたすら雄鶏と格闘しておりました。

基礎となるスポンジはすでに先生が象ってくださっていたし、
見本どおり羊毛フェルトを針でちくちくちくちくと差し込んで留めていくだけだし、
簡単に進むと思いきや、ところがどっこいですよ。
思い通りに形にできないし、時間をかけたいのに時間が無い(単純に遅いだけか?)。
そして、焦る。
針が幾度となくわたしの指を攻撃しようが、気にしてられないほど必死でした。

焦ったおかげで、トサカがコック帽のようです。
尾っぽの角度も形も気に入っていません。
焦ってちょっと雑になってきたので「これではいけない」と思い直し、
一番最後に付けた足はちゃんと3本きれいに爪が分かれるようにがんばりました。
ここ、ちょっと気に入っています。
あとは目。
大きな目にするとかわいらしくなりすぎてしまう気がしたので、
ニワトリらしくちっちゃな目にしたのがこだわりです。

どうですか。
わたしはかわいくて仕方ありません。


次はオカメインコの時にでも参加したいと思っています(7月頃らしいです)。
雄鶏は初級編らしいので、今回以上に焦ることが予想されますが。


いい感じに退社準備進んでおります(笑)。
[PR]
by hanautalab | 2011-03-27 01:34 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30