「街」について考えること。

「クリエイティブでなければ、街は生き残れない」

いつかの『広告』でこういうコピーの特集がありました。
今日は少し長いドライブの間、ちょっとそんなことを考えていました。本当にこの言葉どおり、「クリエイティブ」な発想と能力を持った人たちが街をおもしろくさせるんだと思うし、そんな人がたくさんいる街は生き生きとしたおもろい街なんだろうな、と。
そういう意味で私は「クリエイティブ」という力を信じています。


そして、少し偏っているのかもしれませんが、アートの力を信じています。それに、スポーツも、サーフィンも、スノーボードも、スケートボードも、バイクも、ダンスも、音楽も、DJも、演劇も、映画も。。。
サーフィンもダンスも(その他諸々・・・)私はしませんが、それでもそれらのカルチャーが大好きです。それらのシーンを盛り上げようとする人たちのことも応援したいと思っています。おそらくそのほとんどが「陰ながら」になるでしょうけれど。
だって、彼らには「クリエイティブ」な素質があると思うんです。街を楽しむ力があるし、楽しませようとする力を持っていると思うんです。


今日はそんなことをだらだらと考えていました。

今、この街に必要なものはなんだろう?
大型ショッピングセンターでもなく、テーマパークでもなく、
自分たちで街を楽しめる力を持った若者たちなんじゃないかと私は思います。 
それに、
30代で止まってしまっているシーンを、20代、10代へと導いていくこと。
(すでに気づいて動いている人たちもいるけれど、そういえば「やっぱり若い人が集まらない」という声はよく聞く)

街が生き残る方法はもちろんまだたくさんあると思うけれど、
私なりに見つけた答えはこれでした。


b0203161_22241226.jpg

私にできることは何か?

「伝えること」しかできません。

伝えることもままならない「今」ですが。
[PR]
by hanautalab | 2010-09-03 00:32 | 日々の出来事、思うこと
TOKUSHIMA, SHIKOKU

by hanautalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30